シャドーイング Part 2


英語をきちんと伝わるように話そうと思ったら「自信」を持って話さないと伝わらない、と言われることがあります。

しかし自信を身につけるのは、なかなか容易ではありません。根本的には、「自分が英語を使って成功したい場面で成功を収める」ということを通じてしか揺るぎない自信をつくり上げることは難しいと思っていますが、もっと手軽で早い方法があります。シャドーイングです。

英語は恥ずかしい?

英語を使う際に多くの人がまずぶち当たる壁が(そうでない方も当然いますが)「恥ずかしさ」かと思います。

  • 文法的に間違えると恥ずかしい
  • 全然、または、ゆっくりとしか英語を話せなくて恥ずかしい
  • あまりにカタカナ発音過ぎて恥ずかしい
  • カナカナ発音から脱却しようと頑張っている自分の発音が恥ずかしい
  • 特に日本人が周りにいると恥ずかしい(誰も日本語を話せないとかえって開きなおれたりします)

他人に対して恥ずかしいのは当然ながら、英語を話している自分自身に対してなんだか恥ずかしさ、違和感まで感じてしまうこともあります。コミュニケーション的には邪魔以外の何物でもない感情です。

なぜ恥ずかしいのか?

言い間違えをしたり、未熟な自分の英語力を恥じて(全然恥じる必要は無いんですが)、というのはなんとなくわかりますが、それだけではないようです。一つには、発声の仕方が日本語と英語は全く異なるため、話している自分が自分ででないような感じがするのだと思います。また、自分に意識が過剰に向くことは、他人の目を強く意識することにつながりますので、話し相手や周囲にいる人がどう思っているかがものすごく気になります。慣れるまでは、日本人だらけのオフィスで英語で電話するのも恥ずかしいですよね。電話の相手よりも、周囲の日本人の同僚の方に意識が向いてしまったりして、、、あまり良い状態ではありません。

解決策:
英語を口にする絶対的な時間を増やす=シャドーイング

シャドーイングを続けることで、英語を口に出すことが自分にとってどんどん自然になってきます。だんだんと違和感の感覚が麻痺してくるようなイメージです。毎日、毎日続けることで、ある日英語を外で話している時に、自分に聞こえてくる自分の声に慣れを感じるはずです。そしてその時、恥ずかしさに向かう意識が少し減っていることにも気づくのではないでしょうか。「あれ?そうかも。ま、いいや。」という感じの、それまで緊張していたこと、恥ずかしいと感じていたこと自体がどうでもよくなるような気分です。

自信が先か英語が先か?

冒頭に戻って「自信を持って話さないと、英語は伝わらない」という考え方についてですが、英語らしい発音のためには、、、
-深い呼吸
-そのための正しい姿勢
-その結果出てくる大きな声
という、いわゆる自信を持っている人が自然にそうなるような要素が必要だと感じています。
英語で話す内容が浮かんでいようと、いまいと、それとは別に自信がありそうな立ち居振る舞いがまず英語らしい発声の前に必要ということです。
人間不思議なもので、自信がなくても意図的に自信がありそうな行動を取っていると、不思議な自信(妙な落ち着きのような)が湧いてきたりします。

たくさん息を使って、大きな声で、英語らしい音を目指してシャドーイングを続けることで、結果として自信がつきます。少なくとも英語を話すことに対する抵抗感は、一定量を超えた時から劇的に減っていくと思います。

家族がいると恥ずかしい?

一人暮らしで無い方は、ご家族に自分の練習を聞かれるのが恥ずかしいと思われるかもしれません。もしご家族が多少大きな声を出して英語の勉強をすることに対して寛容なのであれば、是非、ご家族の目を気にせず、むしろ恥ずかしさを麻痺させるための良い機会と考えて、どんどんやってください。お子さんがいらっしゃるようであれば、その姿は語学を身につけることの大切さ、難しさ、そして受験英語ではない言葉としての英語の勉強とはどういうことかを考えるためのとても貴重な原体験になると思います。ご家族の理解が得られないようであれば、、、河原や大きな声を出してもあまり問題無い場所を探して、携帯を耳にあてながらやりましょう。

シャドーイングは本当にパワフルなメソッドですので、是非是非お試しください。


ライトニング
外資系企業勤務のアラフォー、既婚、子持ちです。 ベタベタの日本企業からの転職で苦労してなんとか身につけた英語の勉強法を自分を見直し、モチベートする意味も込めてシェアさせて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です