英語の4技能 Part 1


言語の習熟度を分析的に考える際に、下記の4つの技能に分けることが一般的なようです。

リーディング(読む)

ライティング(書く)

リスニング(聞く)

スピーキング(話す)

私はそれぞれの技能を支える要素を下記のように整理して考えています。

    リーディング   リスニング   ライティング   スピーキング
   第一層 文字認識力   音声認識力   形式認識力   一般的対話力
   第二層 英語情報の処理能力 英語表現の瞬発力
   第三層
フレーズのストック
単語力
発音
文法

この階層表は根本的なものを下から順に書いているイメージになります。

しかしながら、特定の部分のみ強化しても4技能にはの向上には結びつきづらく、それぞれの技能につながっている要素がバランスよくレベルアップしていくことが大事かと思います。ボトルネックの箇所があると技能の向上が頭打ちになります。また技能間や要素間のリンクがあり、読むことを訓練することで聞く力が伸びたりすることは実感のある方も多いのではないでしょうか。

また必ずしも一層の能力の獲得が三層よりも難しいということはなく、階層が上に上がるにつれそれぞれの技能に対する固有性が上がって行く、という感覚です。

以下それぞれの層についてコメントさせて頂きます。

第三層 文法、発音、単語、フレーズのストック

それぞれ勉強法のパートで個別の項目を設けておりますので、そちらをご覧ください。

第二層 インプット、アウトプットにそれぞれ共通の能力

英語情報の処理能力

「英語情報の処理能力」は英語を並んでいる順番のまま受け取って、スピードをもって意味を理解していく「インプットの処理スピード」のことです。読む方が自分でスピードを調整できるため聞くことよりもやさしいという状況が多くなります。逆に読んでわからないことは通常は聞いてもわからないです。(これは単語や文法、背景知識的な問題であることが多いですが)ちなみにヨーロッパの人たちは英語が第二言語であってもこの処理能力が非常に高いと思います。アルファベット的な文字への馴染みや文法的なギャップが少ないから、かと想像しています。

まず英語を漢文のように返り読みしている方は、英語の順番のまま直読(または直聴)できるようになる必要があります。私が学生時代に塾でやっていた学習法で克服できるかもしれませんので、興味がある方はこちらをご覧ください。

(バリエーションで、言葉を使わない、英語の先生に一単語ずつ増やしてもらいながらリピートしてもらう、自分で隠しながらやる、)

直読、直聴ができるようになったら後は、実際に読む、聴くの量をこなしていくことが結局は早道かと思います。現実的には読む/聴くスピードが落ちる時にはわからない単語や表現があることがほとんどかと思いますので、平易な言葉を用いている本を自分の最高スピードで読んだり、シンプルな表現が多いけどスピードはそこそこあるPodcastを聞いたりすることが、この力を伸ばすのには良いように思います。

英語表現の瞬発力

何かを表現したくなるような自分の心の動き、感情、頭の動きから英語の表現が出てくるまでにかかる「アウトプットのスピード」のことです。スピードが速くなってくると英語で表現が頭に浮かんできます。ここに至る過程として、日本語を介して勉強をすることに疑問を持った時期もありましたが、日本語英語の訓練を繰り返すことで、心の動き英語にステプアップすることは可能と確信しています。(日本語そのうちに仲介役から消えていきます。)個人的な感覚ですが、英語の表現が出て来る時、頭の中では文字ではなく「音」で出てきます。なので、音声的な側面が無い学習を繰り返していては、言葉を使いこなすことは難しいのではないかと思っています。

また、日本語でもそうですが最終的には考えるスピードよりも発話するスピード、書くスピードの方が遅くなるので、瞬発力が一定に達すると非常にゆとりが出て、リラクスした雰囲気が出せるようになると思います。

第一層 それぞれの4技能に固有に求められる能力

文字認識力

リーディング力に固有の能力かと思います。

セオリーでは読む以上のスピードのものは聞けない、はずなのですが「音」は知っているけど視覚的に認識しづらい単語が多い文章(なんちゃって学術書とかは結構あります。長い単語をカタカナ言葉として知っているとか)は聞いた方が早い時があります。また、視覚的なアルファベット慣れ、というのはあると思っていまして、勉強を集中的に始めたばかりの頃は英語の本をたくさん読むとやたら目が疲れるように感じました。文字認識力が上がってくると単語が形のように見える感じになり、処理スピードがグンと上がります。

この能力は読むことを中心に英語を生活の一部とすることでしか伸ばすのは難しいのではないでしょうか。

のようなサイトはありまして、一時期試したりしましたが目が疲れるだけであまり劇的な効果はありませんでした。(視覚情報を速く処理する感覚のヒントにはなるかもしれません。)

音声認識力

リスニングに固有の能力かと思います。

英語を聞いてみて70%くらいしか理解できず、スクリプトを読んでみたらものすごく簡単な内容だった、ということは起こりがちな現象かと思います。この場合は、音声認識ができていないのです。個別の音、フォニックス、シラブル、リズム、リエゾン等、この部分を学校の教育でもっとフォローしてくれていたら日本人の英語力って全然高かったと思うんですけど。。今は音声が手軽に学習に導入できるITツールが揃っているので、子供たちの世代では状況が大きく改善されることを望んでいます。

形式認識力

ライティングに固有の能力かと思います。

あまり難しい話しでなく、ことビジネス文書やメールにおいてフォーマットにあった構成や書き方ができているかということです。

読み手がサーッと読み下して、少ない労力で複雑な状況がパーっと頭に入ってくるような文章が理想なので、すごい修辞表現とかはあまり必要ありません。

ある程度組織の中で上のレベルになってくると、短くてかっこいい表現の方がよく見えたりすることがあるかもしれませんが。

またダラダラ長いのもダメで、必要な情報が網羅されていれば、文字数は少なければ少ないほど美しいです。

一般的な対話力

スピーキングに固有、というか日本語でも同様の一般的なインターパーソナルスキルです。相手の気持ちを思いやれたり、人の話を遮らずに聞けたり、その人が喜びそうな話題を思いついたり、共通点を見つけたり。必要とされる押しの強さの違いは日本と多国籍な環境であると思いますが、基本はそこまで大きく違わないのではないでしょうか。もちろん細やかな気配りを英語で行うという難しさは当然あります。

英語の4技能  Part2に続きます。


ライトニング
外資系企業勤務のアラフォー、既婚、子持ちです。 ベタベタの日本企業からの転職で苦労してなんとか身につけた英語の勉強法を自分を見直し、モチベートする意味も込めてシェアさせて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です